グローバルリーダー(平成26年度参加青年報告)5 

このレポートは、平成26年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

【海外研修】教育コース ニュージーランド視察
 自分達、教育コースは海外研修でニュージーランドを訪れた。
 コース課題はESD(Education for Sustainable Development)であったため、小学校や大学等訪問による教育システムについての視察と環境保護の観点、さらに、マオリ族継承の主に三つのポイントから将来に対する持続性について学びを深めた。

 印象的であったのは、マオリ文化の継承意識だ。
 ニュージーランドは国を挙げてマオリ族を後世に伝承していこうという意識が強く、小学校で言語、踊り、音楽に親しむとともに、美術館や文化保護施設において、世代間を問わずにマオリに対する尊敬とその伝承を行っている。
 自国の文化を尊敬し、語り継ぐからこそ、持続的な国の発展が期待できるのだと学んだ。

 次世代への持続性を意識した教育を焦点に学んだ自分たちは、「We are the change」という言葉で結論づけ、コースディスカッションを締めくくる。

[ 2015/02/23 21:33 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/515-4f6c056c