中国団(平成26年度参加青年報告)2 

このレポートは、平成26年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

【中国派遣中のエピソード】
 貴州1日目の夜には、翌日にお世話になるホストファミリーとの夕食会が行なわれた。
 夕食会では日本側と貴州側で互いに友好の意を表して、文化紹介を行なった。私たち日本側は日本の伝統的な踊りであるソーラン節と、中国でよく知られている「朋友」という歌を中国語で披露した。

 ソーラン節の発表では、全員の衣装を赤い鉢巻とはっぴで揃え、迫力ある演技を心掛け、また「朋友」の合唱の際には皆で肩を組んで歌った。
 合唱を発表しているとき、途中から貴州側の方々が次々と私たちの輪に加わって一緒に歌い、最後には夕食会にいる全員での大合唱となった。

 意図せず起こったことであったが、その時私は、貴州の方々がこんなにも私たちのことを歓迎してくれていることに感動して、涙が出そうになった。
 その場にいる全員が笑顔で肩を組み、心を一つにして「朋友」を歌っている光景は今でも忘れられない。

[ 2014/10/25 21:29 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/510-46a48fa3