東南アジア青年の船(平成26年度参加青年報告)2 

このレポートは、平成26年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

【ホームステイ中のエピソード】
 今年度は、ブルネイ・ダルサラーム国、カンボジア王国、ミャンマー連邦、インドネシア共和国の4カ国にホームステイをさせていただいた。どの国でも、初めて目にするもの・初めて体験することばかりで、大変貴重な経験になった。

 4カ国でのホームステイを通して最も変化した価値観が「幸せの基準」である。
 日本での私たちの生活は何不自由ない、端からみたら「幸せな生活」であろう。しかし日本人の自殺率は極めて高く、道行く人々も少しばかり暗い表情を浮かべている。一方、外国青年は常にパワフルで笑顔に溢れ、各寄港地も明るくエネルギッシュな雰囲気に包まれていた。
 ブルネイで出会った青年は「ブルネイはとても小さな国だけれど、皆で他愛もない話をしているだけで幸せだ。」と何の迷いもなく言っていた。それまで、「東南アジアは発展途上国で貧しいから、かわいそう」という先入観を持っていた私にとってこれらは衝撃的な経験であった。
 このように、バックグラウンドの異なる人々と生活したことで、人の「幸せ」の基準について考えさせられた。

20141219-3.png

(ブルネイにホームステイした参加青年とホストファミリーと一緒ににっぽん丸の前で)

[ 2014/12/19 21:25 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/506-86c1c962