中国団(平成25年度参加青年報告)2 

このレポートは、平成25年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

派遣期間――2013年12月12日~12月21日
派遣人数――20名(団長、副団長、渉外除く)


【エピソード】
 派遣5日目は合肥にある私立大学三連学院を訪問した。
 三連学院は古くから日本と関わりがあり、日本語学科が設置されている。私達は三連学院の歴史や概要について説明を受けた後、日本語の授業の様子を見学した。生徒はみな一生懸命に授業を受けており、私達も見習わなくてはと感じた。
 日本語教師の中には日本から来た方もおり、日本と中国の人材交流がとても幅広いことを改めて感じた。

 その後は、歓迎会に招いてくださり、ゲームなどを通じて中国の青年と友情を深めた。また、学生の方々による歌や書道などの見ごたえあるパフォーマンスをしていただき、そして、私達からも茶道などの披露を行い、お互いのことを深く知ることができた。

2013China2.jpg
(アモイ・集美大学にて現地学生と交流)

[ 2013/12/21 22:35 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/474-e0f0e8b6