韓国団(平成25年度参加青年報告)2 

このレポートは、平成25年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

派遣期間――2013年9月3日~9月17日
派遣人数――24名(団長、副団長、渉外除く)


2013Korea3.jpg
(日本団による韓国歌手のダンス披露)

【エピソード】
 今回の派遣の中で一番楽しみにしていたのが、韓国青年との交流だった。
 場所はソウルからバスで約3時間離れたヨンドク。周りに何もない自然の中にある建物で交流をした。
 その建物は政府が作った完成したばかりの施設で、宿泊するのは日本団が初めてということであった。

 そこでのエピソードだが、団長が40度近くの熱が出て、その後日本へ帰国することになってしまった。
 団長の見送りをした時、何人もの団員が泣いて別れを惜しんだことが記憶に残っている。

[ 2013/09/17 22:31 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/472-f851a1dd