和歌山全国大会 

 和歌山大会に参加された方から、分科会と地域理解研修の報告が来ましたので、ご紹介しますね。

<分科会:第8分科会「より社会に貢献できる事後活動を考える」>
1テーブル4~5人の4つのグループに分かれ、テーマについて話し合いました。
その時「わかやまスペースカフェ」のやり方に基づいて、行いました。
「わかやまスペースカフェ」の進行プロセスは、第一ラウンドではテーマについて探求し、
第二ラウンドではアイデアを他花受粉し、第三ラウンドで気づきや発見を統合し、
全体交歓で集合的な発見を収集し、共有する、というものでした。
お茶を飲み、お菓子も食べながら、目の前にある模造紙には
どんどん絵やアイデアを書き足して、楽しくおしゃべりしながら、
色々なアイデアを開き出す、という活動でした。最後には、
全員が「人づくり」や教育の大切を改めて確認し、
この分科会で話し合ったことを「和歌山大会宣言」として宣言することになりました。

<地域理解研修:高野山参拝コース>
金剛峰寺と奥の院を見学しました。奥の院に至るまでの参道には、
たくさんの供養等や碑があり、何百歳もの杉や苔に囲まれた中を歩いていくのは、
とても神聖な感じがしました。移動時間も長く、その分バスの中で参加者同士
色々話ができたのもよかったです。
[ 2011/12/01 06:22 ] イベント・行事報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/448-7e17668a