中国団(平成24年度参加青年報告)2 

このレポートは、平成24年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

派遣期間――2012年9月9日~25日
派遣都市――北京、ハルピン、内モンゴル

【エピソード】
 派遣中一番印象に残っていることは、ハルビンで中華全国青年連合会の方々が開催して下さった歓送迎会です。
 緊迫した日中関係の下、私たちが日本で準備したよさこい踊りや歌を披露する機会は限られていました。そこで中国側の皆さんが私たちに配慮して下さり、ハルビン最後の夜に送迎会を設けてくれました。

 下の写真にあるように、私たちはよさこい踊りとソーラン節を披露し、送迎会は非常に盛り上がりました。特に、会の最後に中国人と日本人が入り乱れ、肩を組み歌った中国の歌「朋友」を私は忘れることができません。 

 そのサビに「朋友一生一起走」という歌詞があります。これは日本語で「友よ、一生一緒に歩いて行こう」という意味です。

 中国と日本、政治的な問題はこれからもあるが、それでも一緒に歩いて行こうという意味に思えて仕方ありません。短いひと時でしたが、政治を超えて交流は行われるべきなのだと実感したと共に、本事業の深い意義を感じ取れる素晴らしい夜でした。(新座市N)

2012china3.jpg
(ハルビンの送迎会でよさこい踊りを披露する青年たち)


[ 2012/09/25 22:38 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/421-89247bb0