ドミニカ共和国団(平成24年度参加青年報告)2 

このレポートは、平成24年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

派遣期間――2012年9月9日~25日


【ドミニカ共和国派遣中のエピソード】
 ドミニカ共和国の人々は皆おしゃべりで素晴らしいホスピタリティで私たちを迎えてくれました。挨拶はハグと頬にする軽いキスということで初めはドギマギしましたが次第に慣れます。

 ドミニカ共和国では“アビチュエラ”という豆のスープと油でいためたごはんが毎回食事のときはでます。それに食用バナナ使用した多くの料理が出ます。日本食レストランではなんと、“バナナ寿司”も食べることができました!個人的にはアリです。

 その他にドミニカ共和国には“メレンゲ”と“バチャータ”といったダンスがあり、この国に行ったらこのダンスを踊らないことはないといっても過言ではないかも。

 日本で流れる時間とは異なる時間の中で暮らす人々との交流を通じ、新たな価値観を発見することができました。(所沢市I)

2012dominica3.jpg
(TV局でのインタビュー。待機中)

[ 2012/09/25 22:32 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/417-69074c09