ネットでペンパル探し 

別に外国に行かなくても外国にいる外国人と国際交流ができる時代になりました。その担い手としてのネットを使わない手はありません。ネット上のペンパルをつくって、国際交流というのはいかがですか?

私がよく使っていた「Japan Penfriend」を紹介したいと思います。

幾多のペンパルサイトの中でも日本紹介サイトに併設されているものですので、ここに書き込みをしている外国人というのは日本に関心があるのでやりとりもしやすいでしょう。

また、英語版も充実していることから、外国人とのやりとりを希望している日本人が殺到しているようなペンパルサイトと比べて外国人もたくさん来ます。

さらに、英語だけではなくて多くの言語のペンパルを探すこともできます。かなりたくさんの国を網羅していますし、使用言語別の検索もできます。

ネットの友達なんて怪しいだろう、しかも、外国人なんて怪しいだろうというふうに警戒する方もいらっしゃるんですが、私は余り気にしないんですね。

数年前までは、確かに、パソコンでやりとりができるというのは、ある意味での身分保障のような面があったと思うのです。

それは、そもそも国際言語である英語に対するある程度の知識があること、個人で外国にネット友達をつくろうなどという発想&余剰時間があること、パソコンの操作能力があるという知識力、パソコンを保有していてなおかつネットワークにつなげるという金銭的なことなどです。

最近は世界じゅう至るところにネットカフェもあるだろうし、インターネットは当然のようになってしまったので、昔のようにパソコンの向こう側の人が多様化している可能性もあります。

しかし、普遍的に変わらないことは向こうの人があなたが初めて遭遇する日本人であったり、メールのやりとりが継続すれば、それはとても大事な人間関係へと変化するんじゃないかなと私は思います。(ま)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/27-fc73bdba