「日中友好三十而立」3)日本との比較(2002年度第24回日本・中国青年親善交流参加報告) 

 欧米のホームステイのイメージですと、ホストファーザーとホストマザーがいて、そこに日本人である私がホームステイさせてもらう、そのときには家族だけでどこかに遊びに行ったり、家族が私の話に耳を傾けてくれるんだろうと思います。しかし、私が実際に体験したのはそういう感じではありませんでした。むしろ私は現実的でおもしろい場所に行ったような気もしました。

 ホームステイプログラムは湖南省長沙市で行われました。あらかじめ決められた家のホストは実は何と私より2歳下の女の子でした。彼女に初めて会ったとき、彼女は中国人はめったに着ないと言われているチャイナ服を着ていました。
 連れて行かれたホストファミリーの家は湘江の近くにあるすさまじくきれいなマンションでした。内部はメゾネット方式でマンションなのに二階があります。その二階にはパティオのようなベランダのどでかいようなものがあり、二人乗りのブランコが置いてあります。建物の外には彼女のマンションよりもきれいなマンションが見つけられません。私はこんなリッチなところにきてしまったとぶったまげ、動揺しっぱなしでした。
2002中国団ホームステイ1
ホストファミリーが住んでいるマンションから隣のマンションを見ているところ。私がどうやらこの団のホームステイの中では一番リッチなところに来てしまったということは、後で団員に聞いてわかりました。

 この家の生活の豊かさはそこかしこに散見されます。
 台所は食器洗い機はビルトインされているし、レンジとかも当然のようにあり、家電は日本の一般家庭より多い気がしました。 リビングは非常にシンプルだけど照明とかに金がかかっているんだろうなというようなつくりでした。シャンデリアとかそういう悪趣味さはなく、まるで日本のドラマの中の一部屋を見ているようでした。ソファに座ると目の前には48型ソニーのテレビ、その横にはパイオニアのDVDプレーヤーがあり、どでかいスピーカーが左右につきホームシアター状態になってました。DVDプレーヤーの置いてあるチェストの引き出しをあけるとそこにはDVDがたくさん入っており、映画は好きなものを見放題という状態です。
 インターホンはテレビ電話になっているので、ピンポンピンポン鳴るたびにその画面を見て確認できます。ホストの友人が続々と来ます。
2002中国団ホームステイ2
それは、テレビドラマにでも出てきそうな家でした。別にみすぼらしいものを望んでいたわけでもない、けれども、どうしてこうなんだろうという疑問を強く持ったのです。政府派遣団だとこうなるのだろうというのが私なりの結論でした。

 ホームステイはホストファミリーと一緒に過ごすというよりも、もはやホストの友人が集って一緒に騒ぐ中に私が参加しているという状態でした。したがって、会話はこちらの語学力を考慮せずに進むため、恐ろしく早い中国語が炸裂し、話は何となく理解できるがしゃべろうにも返答は筆談か日本語でしか表現できないという状態がずっと続きました。
 そんなホストの友人たちに私は今までに見たこともない中国人像というものを見ました。今まで私が出会ってきた中国人というのは私を見て給料を聞き、私の持っている物に興味を持ち、私の生活に興味を持ちというように、未知なるものに好奇心を持ち、根掘り葉掘り人のプライバシーにまで踏み込んで質問をしてきたものでした。
 しかし、彼らは思い思いに楽しむためにホストの家にやってきているわけで、別に日本に興味があるというわけでも、日本からやってきた私に興味があるというわけでもないという感じでした。ホストが自由に過ごしてくれといっているように、その友人たちは自由にDVDを選び、勝手に人の部屋に入り込み、パソコンの電源を入れてネットを見たりしていました。

 その同年代のホストとその友人たちとは、音声が英語、字幕が中国語の映画を何本も見ました。そして時たま彼らからの突如としてやってくる中国語の質問に答えたりしてコミュニケーションをとりました。まるで、日本でプレステやるために友達の家に遊びに行って、みんな確かにプレステはやるけどお互いの会話はそんなにないというそれと同じ状況で、別に集ったからといってみんなで語らうなどというのはなく、中国で日本と同じような現象を見て、またびっくりしたものでした。
 こんなふうになっているということは、つまり彼らは彼らの生活だけで満たされているということなんだろうという感想を持ちました。私はうるさいけど余計なことを根ほり葉ほり聞いてきたり、将来の夢を高く持っている人たちと語り合ったりすることが好きだったので、その生活は彼らには幸いだとは思いましたが、個人的には少し寂しく思ったものでした。
[ 2002/10/03 17:31 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitamaiyeo.blog80.fc2.com/tb.php/19-a2427a9e