韓国団(平成21年度参加青年報告) 

このレポートは、平成21年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

【応募動機】
1) 仕事で多くの韓国人留学生と接する機会があり、韓国に興味をもった。そして、6回程旅行し、関心が深まった。本事業では、今まで体験できたものとは別の角度から韓国を見たい。
2) 韓国と日本の美術作品や建造物にみられる類似点に以前から興味を持っていました。似ている点と違っている点があり、韓国が「近くて遠い国」と言われる理由をその点にも感じました。そして理解をもっと深めたいという思いから志望しました。
3) 2008年に初めて韓国へ行き、日本と文化・歴史的関係性がとても強いことを学んだ。韓国人青年との交流を通して韓国理解を深めるとともに、日本青年代表として、日本の理解も深める良い機会と思い応募した。

【得たもの】
1) 日韓関係について必要なことは、草の根の交流。本事業では、韓国人青年との交流で友情を深めることができ、「草の根交流」をスタートさせることができた。
2) 共に参加した団の仲間や韓国で出会った人々とのつながりはとても貴重なものです。また、韓国と日本が同じ社会問題を抱えている事を知り、同世代の者が討論の場を持てたことで、アジアの中での日本を強く感じました。
3) 韓国人青年と多くの時間を共に過ごすことで、友好関係を築けたこと。それと同時に日本人として、日韓の歴史を学ぶ重要性を再確認できたこと。また派遣団30名は約一ヶ月間集団生活し、団内の友情も深められたこと。

【将来の夢】
1) 日本と韓国の「愛すべき未来」のために、交流を続けたい。また22年前から先輩方がつなげてきてくださった絆を後輩たちに引き継げるように、この経験を大切に伝えていきたい。
2) まずは自分レベルでできることを意識し続け、日本についての知識、他の国への理解を深めるため、さまざまなことに常に興味を持ち、積極的でありたいと思います。
3) 今回の事業で感じた韓国人青年・日本人メンバーへの思いを忘れず、今後も交流を続けていくこと。日韓両国の社会に貢献できる仕事に携わること。

[ 2009/09/25 13:30 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

中国団(平成21年度参加青年報告) 

このレポートは、平成21年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

2009china-1.jpg
(山西大学学生との交流の様子)

【応募動機】
経済成長が著しい中国において、教育についても著しい変化が起こっているのか興味があったからです。

【得たもの】
中国で多くの友人ができました。また、中国語に自信がなく、当初はコミュニケーションに不安を覚えていたのですが、ジェスチャーなど、言語以外にもコミュニケーションのツールがあることが改めて分かり、積極的に交流できるようになりました。

【将来の夢】
私はこの春から教員になります。生徒たちに私が得た経験や、この事業を通して学んだ様々なことを伝えていきたいと思います。そして、その中から、この事業に参加する生徒が現れると嬉しいです。

2009china-2.jpg

[ 2009/09/25 13:29 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

ドミニカ団(平成21年度参加青年報告) 

このレポートは、平成21年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

【応募動機】
大学でスペイン語を勉強しており、カリブ海地域に興味がありました。ホームステイや大学生とのディスカッション等の貴重な経験が出来ると知り、応募しました。

【得たもの】
来日したドミニカ青年の家にホームステイをし、本当に仲良くなることが出来ました。ドミニカ青年は政治や経済に強い関心を持っており、意識の高い彼らからたくさんの刺激を受けました。

【将来の夢】
4月から大学院でスペイン語圏の文学を研究します。ラテンアメリカの国に留学し、またドミニカ共和国を訪れたいです。

[ 2009/09/25 13:28 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

ラトビア団(平成21年度参加青年報告) 

このレポートは、平成21年度の埼玉IYEO主催の帰国報告会の際に配付された資料に添付されたものを転載したものです。

【応募動機】
私がこの事業に応募した理由は『開発国の現状を知る』ということでした。そして、この事業では官庁など普段は行けない場所も行くことができるなどプログラムの充実が非常に魅力的でした。

【得たもの】
私は派遣で『多様性』ということを学びました。私が派遣で訪れたラトビアは言語・文化・人種の多様性を身近に感じることができました。特に日本のような島国から見たラトビアは多様性で溢れており、それはこの派遣で一番学んだことです。

【将来の夢】
私の将来の夢は起業することです。夢なのですが、発展途上国にも企業の目線から援助できるような素晴らしい会社を作り上げていきたいです。この派遣の経験を将来の夢に出来るだけ活かしていきたいです。

[ 2009/09/25 13:18 ] 事業参加報告 | TB(0) | CM(0)

英会話教室 

9月13日と17日の英会話教室がありました。
概要が届いたので、まとめて紹介します。

13日は、先生とお会いするのも初めてだったので、
まず、私たちの事業を先生にお話した後、
それに向けた英語の勉強法や基本的な英語の自己紹介の方法を教えていただきました。

あとは、ネイティブの人には聞くことができないような細かい表現方法のなど、
日ごろ疑問に感じている英語の表現方法などを教わりました。

17日は、今まで行ったことない国の食と文化について調べたことをそれぞれ発表し、
先生に表現方法などを修正していただきました。

    ―――――――――――――

みんなの英語もブラッシュアップできましたでしょうか!

航空機事業では、各地各地を回っていきますし、コンパクトに紹介する必要がある場面もあるでしょう。渉外団員が通訳してくれる場面もあるかもしれません。
船事業では、同じ船という場所にとどまって同じメンバーと交流を深めていくわけですから、より紹介する内容が細かくなっていくかもしれませんね。
それぞれの特徴を考えて、頑張ってブラッシュアップに励んでみてください!
[ 2009/09/17 23:10 ] イベント・行事報告 | TB(0) | CM(0)

英会話教室 

先月8月22日の航空機派遣の壮行会の2次会に参加したメンバーから、特に今年度参加青年の英語力をブラッシュアップするため、英語ディスカッションをしてはどうかという案が出され、英会話教室を開きました。

国際親善の事業の参加青年といったら英語があたかも流暢だというイメージがあるかもしれませんが、この事業の趣旨からいっても英語堪能よりも、これまで地域で活躍&事後活動に励む青年を募集しているわけですから、英語が不安な参加青年もいることでしょう。
助け合って、頑張ってください!

次回は9月13日、17日に開かれる予定です。
[ 2009/09/03 23:52 ] イベント・行事報告 | TB(0) | CM(0)