小江戸川越散策と花火大会 

喜多院
 川越って今、某朝のドラマで有名となった街。
今回は、日帰りで散策してみようってことになりました。

 お昼頃、川越駅に集合。今回は8名。東京や千葉からも参加あり。
まずは、バスに乗って菓子屋横丁へ移動。

 菓子屋横丁には、今回参加メンバーの親戚の方のお店あり。
スナック形式で歩きながら食べられる、手軽なお好み焼き。
200円とは思えないほどのボリュームと美味しさにビックリ!

 しばらく、菓子屋横丁で散策やお買い物を楽しんだ後は、
時の鐘辺りに徒歩で移動。
写真を撮るならオススメのスポットを確認し、見上げてみたり。
そこでもソフトクリームを楽しみました。

 さらに歩いて大正ロマン通りへ。落ち着いた雰囲気の喫茶店で涼をとり。
そのまま、皆で話が盛り上がってしまいました。

 そして、喜多院へ。今回は、有料エリアに入ってみました。
日本の風流を尽くした庭園にしばしじっと見入るメンバー。
五百羅漢では、自分に似た人がいると言われており、探してみました。

 鏡酒造の跡地を利用した観光センターで一息後、いったん解散。

 ここからは、同じ川越でも安比奈親水公園での花火大会へ移動します。
川越線で約10分ほど。単線&4両編成の電車が、ありえないほどのラッシュ!!
会場の川原まで歩くこと30分弱。人ごみもあり、もっと時間がかかったみたい。
途中のスーパーで買出しをして、いざ。

 花火大会からの合流が8人あり、12人に。韓国人やインド人も加わり、国際的。
浴衣姿もあり、花火大会に花を添えてました。
 花火はちょうど真正面から上がる絶好の位置。
座ってビール片手にまったりしながら味わうのは、なかなかでした。

 帰り、人ごみでバラバラになってしまいましたが、終電車に間に合ったかしら??
花火
[ 2009/07/18 19:00 ] イベント・行事報告 | TB(0) | CM(0)

しゃべり場☆埼玉 IYEO報告 

皆さん、こんにちは。
7月12日、浦和コムナーレでミーティングがありました。

20090712-2.JPG
(きょうはお菓子の差し入れがありました。
コムナーレは飲食しながらミーティングできるスペースもあるのです。)

今回は、メインは4件。


手弁当だけれども、やっぱりお金は大事。
毎年恒例の会費督促の件についてと、補助金や助成金の話をしました。
年会費2000円は常時募集しています! 皆さん、よろしくお願いします。
そして、もう既に送ってくださった方、本当にありがとうございます。


ちょっと気がかりな今年度参加青年の件。
いつもならば、埼玉IYEO主催の事前研修会の際には少なくとも出欠席はわかっているのだけれども、今年は連絡がとれない人もいる模様。
そういうわけで、今年度参加青年の巻き込み方について話し合いました。
具体的には、欠席となった今年度参加青年へは手紙を送ることにしています。


2010年埼玉で開催される全国大会に向けて、8月に下見を兼ねたイベントを行う予定です。
全国大会については、6/27に説明会がありました。
(報告については、後ほどアップされるかと思います。)


埼玉IYEOブログの位置づけ、コンテンツについて。
ブログについて、皆さん、どう思っているのかなと改めて思うので、問題提起しました。
せっかく手間暇かけてやっている活動を発表してもいいじゃないかということかなと会長さんがおっしゃっていたのが印象的でした。

20090712-1.JPG


次回は、8月22日(土)開催予定です。メーリングリストでチェックしてくださいね。

8月22日は、今年度参加青年の壮行会も開催します!
みんな出席して、今年度参加青年を激励しましょう

埼玉IYEO主催の事前研修会(平成21年度)報告 

また新年度も、今年度派遣者の事前研修会がありましたので、御報告します。
今年も昨年に引き続き、南浦和のコーププラザ浦和を利用させていただきました。

まず、開会の言葉として、昨年度のOGからごあいさつがありました。
1年前は派遣される側にいた皆さんが、今度は新しい方のために準備してくださいました。
こういうふうにして昨年度の方が中心になって動いていく体制というのが、情報もフレッシュですし、埼玉IYEOの活動に参画いただけるきっかけになるのかなと思います。
20090705事前研修1.JPG


埼玉県の青少年課の偏り、埼玉県についてのお話をいただきました。
埼玉県は45都道府県の中でも1、2を争う、目立った観光地がない県ですが――お祭や花による集客、産業生産額は全国有数だから工場見学など、アイデア勝負で頑張っていて、アニメ、ゆるキャラ、B級グルメということで売り出しているということでした。
これからの外国人との青少年との交流の中で、日本の伝統文化の紹介はもちろんですが、サブカルチャーを紹介できることも必要かもしれませんね。

埼玉県庁の方も苦労しているとおりで、アイスブレーキングでも埼玉の自分の地域自慢というのを1人一つずつやってもらいましたが、産業とかショッピングモールとか、それにまつわる話が多かったです。

その後は、グループワークショップ「外国で日本を紹介しよう!」というテーマで、埼玉を軸にしながら外国でどうやって日本を紹介するかということを4グループに分かれて話し合って、最後にみんなの前で発表しました。
派遣されると、日本のことを紹介していかなければならない場面は数多くありますね。ワークショップを通じて、OBOGも交えて、どういう情報に興味があるのか、どういう切り口で紹介できるのかなどの情報交換もできたのではないでしょうか。
20090705事前研修2.JPG


最後に、事務連絡の後、各事業ごとに集まって、今年度の派遣者とOBOGとの間の情報交換をしました。こういう情報交換で知っているということが、実は今後役に立つんですよね……
20090705事前研修3.JPG
上の写真は、事務連絡の様子です。
埼玉独自の行事に絡めて、県庁訪問、壮行会、埼玉での事後報告会の準備などの話をされたのかなと思います。


ところで、今年度、埼玉県に関係する派遣者は目下のところ21人いるそうです。
今回の事前研修会は、諸事情があり、実は、今年度派遣者への連絡がおくれてしまい、しかも一部事業の事業ごとの事前研修会開始の前日だったこともあって、参加者が例年よりも少なくなってしまいました。
これから埼玉としての行事もあるので、今回参加できなかった方も巻き込んで、また次へのバトンをつなげていくようにしたいですね。
[ 2009/07/05 23:45 ] イベント・行事報告 | TB(0) | CM(0)