全国大会の報告書は届きましたか? 

埼玉大会にお越しの皆さん、全国大会の報告書は届きましたでしょうか。

現在、ネットでも見られるようになっています。
埼玉大会 報告書(電子ブック版)
http://macrocosm.jp/con_topi_viw.php?topi100=418

こちらもぜひごらんください。

そのほか、
全国大会の様子はマクロコズムのバックナンバーでも見ることができますので、ぜひそちらも見てください。
こちらにも基調講演を初めとする行事の報告もあります。
MACROCOSM Vol.92 2011年1月
http://macrocosm.jp/con_viw.php?kij101=92&from=volclick

個人的な感想ですが、基調講演が含蓄があって楽しかったと思い返しています。
帰国報告会の内容も、自分自身のころしょぼさに比べて、格の違いを見せつけられたものでした。
このブログでも、この2つは紹介させていただいているので、チェックしてくださいね。


そして、
ことしの全国大会は御存じのとおり和歌山です。
ことしの関東ブロック大会は群馬です。

こちらもよろしくお願いします。
[ 2011/05/30 22:35 ] 全国大会2010 | TB(0) | CM(0)

IYEO全国大会終了!ありがとうございました 

青少年国際交流事業事後活動推進大会
日本青年国際交流機構第26回全国大会
第17回青少年国際全国フォーラム
――埼玉大会が、無事終了しました。

埼玉より、次回開催地である和歌山へと旗が渡されました。
まさに、彩の国から紀の国へと旗がつながったんですね!
20101128全国大会旗渡し.JPG


和歌山は和歌山県海友会ということで、独自の国際交流事業も行っていて、内閣府関係ではないメンバーともども、来年の全国大会のお越しをお待ちしているということです。
do
和歌山和歌山和歌山和歌山……ミカン!梅干し!高野山!
loop

和歌山県海友会の皆さんより、次回開催地のすばらしい紹介があり、もう、それは本当に行きたくなっちゃうようなすばらしいものです。
もう既に準備は始まっているようですよ。


最後は、埼玉スタッフ一同がステージに上がり、「旅立ちの日に」を歌いました。
中央には、この2日間の出来事のスライドが流れ、本当に思い出深いものでしたね。
合唱も、混声合唱になっていたんですよ。忙しい中、埼玉のスタッフたちはどこで練習していたのでしょう……
感動のフィナーレでした。
20101128全国大会合唱.JPG


全国大会のブログでもお礼のごあいさつがもう既にアップされていますので、そちらもごらんくださいね。

参加した皆様、はるばる埼玉県の秩父まで、足を運んでいただきまして、本当にありがとうございました。
そして、埼玉県のスタッフの皆さんも、それぞれの力を集めてすばらしい全国大会にできたと思います。
その感動が、皆さんの次の一歩につながるものであると確信しています!
皆様、本当にお疲れさまでした。
[ 2010/11/28 21:42 ] 全国大会2010 | TB(0) | CM(0)

帰国報告会及び事後活動紹介(パネルトーク編) 

帰国報告会の後は、各事業ごとの代表5人によるパネルトークを行いました。
今回の全国大会のテーマである、「絆をつなごう彩の国から―Wings for the Future―」にちなんで、絆をキーワードにさまざまなエピソードを話していただきました。

20101128パネルトーク.JPG


パネラーは以下のとおりです。
・リトアニア――平成22年度第17回国際青年育成交流事業(リトアニア)
・ドイツ――コアリーダー育成プログラム 高齢者福祉分野ドイツ派遣
・韓国――平成21年度第24回日本韓国親善交流
・東ア船――平成21年度第36回東南アジア青年の船
・世界船――平成21年度第22回世界青年の船

手元のメモをもとに、やりとりを再現してみました。
長いので、記事は折り畳みました。詳細は、クリックして読み進んでくださいね。
[ 2010/11/28 10:50 ] 全国大会2010 | TB(0) | CM(0)

帰国報告会及び事後活動紹介(帰国報告編) 

2日目、帰国報告会と事後活動紹介について報告します。
さすが全国大会、5つの事業についてしっかりとした報告が聞けたと思います。

自分が発表したころを振り返ってみると、帰国したばかりのころは、派遣地でのビジュアル的な記憶やすばらしい体験への感動が先走り、報告というと、どこを見てきた、これをやってきたということばかりだったと反省しているのですが、
今回の皆さんの報告は、もう既に帰国後=事後活動について、自分が得た体験をどのように社会に還元していくか、今後いかしていくかということについて真摯に取り組んでいるということがとてもわかるものでした。

20101128報告者全員壇上へ.JPG

報告後、ステージ上に一堂に会した派遣青年です。
今回の報告を通じて、皆さんそれぞれにまた自分の目標が明確になったのではないでしょうか。


これが2日目のメーンとも言える行事である以上、手元にあるメモをもとに、それなりにまじめにレポートしました。
コンテンツが長いので、以下の記事は折り畳みました。詳細は、下をクリックして読み進んでくださいね。
(このトピックの帰国報告会の後は、パネルトークもありました)
[ 2010/11/28 10:10 ] 全国大会2010 | TB(0) | CM(0)

センターより活動方針報告 

2日目、報告会に先だって、センターより活動方針についての話がありました。
メモしたので、これも報告します!

IYEOとして、社会に活力を与える人材育成を目指してということで、
青少年に起きている課題についての国際交流活動を通しての人材育成により意識して取り組むこと、
国際交流のための交流ではなく、人材育成としてプログラムを実施していくということを明確に打ち出している。

事業の傾向としては、プログラムの中にコミュニケーション力、プレゼンテーション力を高めるディスカッションプログラムを多く取り入れている。
常に時代に合ったプログラムをつくり出そうとするIYEOと行政の努力があり、52年の歴史を迎えられている。

なお、青年層の力をつける活動として、都道府県IYEOの特色ある活動事例については、当日のパンフレット6ページ、7ページをごらんくださいということでした。


それから、本部の広報の方より、「VOICE100」についてのお知らせもありました。
VOICE100」は約100人のIYEO会員によるコメント集です。
ツイッターがはやっているし、こういう読み物のコンセプトも興味深いですね。
最初に各事業の紹介も掲載されています。
20101128ボイス100.JPG

[ 2010/11/28 09:30 ] 全国大会2010 | TB(0) | CM(0)